発酵検定の過去問はない!合格率と難易度・試験日は?どんな問題が出るの?

発酵検定の過去問はない!合格率と難易度・試験日は?どんな問題が出るの?

当サイト「発酵食品と腸活と麹の資格」の記事は、アフィリエイト広告を利用しています。記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報にもとづき、ママの気になる通信教育編集部がインターネット調査を実施し、記事作成方針に則り作成しています。

発酵検定を受けようと思っているけど、過去問で手っ取り早く試験対策をしたい…と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、発酵検定の過去問があるのかや、どんな問題が出るのか、概要を解説します。

この記事でわかること

  • 発酵検定の難易度や合格率
  • 発酵検定の過去問の有無
  • 発酵検定の試験日や出る問題

発酵検定を申し込む前に、ざっくり全体像や注意するべきポイントを知っておきたい方は、ぜひこの記事を最後まで読んでください。

発酵検定の勉強用の公式テキストはこちら↓

発酵検定公式テキスト [ 日本発酵文化協会 ]
created by Rinker
¥1,650 (2024/02/26 05:36:38時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

発酵検定の試験日はいつ?

発酵検定は毎年1回、11月に行われています。試験日は年によっても異なりますが、11月の上旬であることが多いです。

申し込み期限はギリギリで、たとえば2023年の場合は2023年11月12日が試験日に対し、11月7日が申し込み締め切りでした。

試験本番まで1週間を切ってもまだ申し込めますが、試験のチャンスは年に一度だけのため、忘れないうちに申し込んでおくといいと思います。

発酵検定の過去問はどこで手に入る?どんな問題が出るの?

発酵検定の過去問はありません。そのため、どの場所でも手に入れることができません。

どんな問題が出たのかSNSなどで公にすることは認められていないので、過去問を入手するのは不可能です。

発酵検定の過去問は手に入りませんが、公式サイトで練習問題を解くことはできます。この練習問題で試験のイメージをつかんでみてください。

発酵検定の練習問題はこちら

発酵検定の難易度は?合格率はどのくらい?

発酵検定の難易度は低めです。というのも、合格率は80%以上と公表されているからです。

発酵検定を受験した人の8割が合格できているため、

発酵検定の試験がマークシート方式だった場合、「記入欄が1個ずつズレてしまった…!」ということが起こり得ます。

しかし、発酵検定はオンライン試験で問題文に対して選択肢を一つ選ぶ操作をすればよいので、ミスが起こりにくいです。

合格基準もおおむね7割に設定されており、「本当に、ひとつも勉強できていなかった…!」ということがない限り、試験に落ちることはなさそうです。

「おおむね」の理由は、試験が実施された回の受験生全体の正答率によって、合否ラインが変わる可能性があるからだと推測します。

正答率が低ければ、合格基準は7割よりやや下回り、正答率が高ければ、合格基準は7割よりやや上回る可能性があります。

あくまでこれは推測ですが、「だいたい7割取れていればOK!」と思っておけば大丈夫です。

発酵検定は難易度が低め!過去問はないため練習問題や講座で対策しよう

この記事のまとめ

発酵検定は、きちんと対策できていれば難易度は低めです。

発酵検定の過去問はないため、公式サイトの練習問題や講座で対策してみてください。

まずは発酵検定の公式テキストを買って、独学で勉強を始めてみてください。

発酵検定の勉強用の公式テキストはこちら↓

発酵検定公式テキスト [ 日本発酵文化協会 ]
created by Rinker
¥1,650 (2024/02/26 05:36:38時点 楽天市場調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次